知能システム研究室(長井研究室)って?

知能システム研究室(長井研究室)って?

ChiCaRoを開発しているChiCaRoプロジェクトチームが所属する研究室です。
知能システム研究室は、東京都にある国立大学法人 電気通信大学 大学院 情報理工学研究科 機械知能システム学専攻 に所属しています。

チームメンバーは、長井隆行教授をはじめとする数人の大学院生・学生。
「子育てに奮闘する全国のお母さん・お父さんを少しでも楽にしたい!」の想いを胸に、 ChiCaRoの実現に向けて、今日も目下ChiCaRoを手作り中です。

ChiCaRoを支える研究成果 〜ChiCaRoの強み〜

知能システム研究室では、子どもと遊ぶロボットに関する研究を行っています。
これまでの研究結果を活かして、ChiCaRoを作っています。

研究成果の一例

1.子どもを飽きさせないで遊ぶためのロボットの行動決定モデルの提案
2.保育の専門家の子供と遊ぶテクニック
3.ロボットが人見知りの子供と仲良くなる方法
4.ロボットとの手つなぎの効果

研究業績一覧

Journal

・阿部香澄, 日永田智絵, アッタミミ ムハンマド, 長井隆行, 岩崎安希子, 下斗米貴之, 大森隆司, 岡夏樹, "人見知りの子どもとロボットの良好な関係構築に向けた遊び行動の分析", 情報処理学会論文誌, Vol.55,No.12,2014
・岩崎安希子, 下斗米貴之,阿部香澄,中村友昭, 長井隆行,大森隆司, "遊びロボットによる子どもの性格傾向の推定に関する研究", 日本感性工学会論文誌, no.12, vol.1, pp.219-228, 2013
・阿部香澄,岩崎安希子,中村友昭,長井隆行,横山絢美,下斗米貴之,岡田浩之,大森隆司, "子供と遊ぶロボット:心的状態の推定に基づいた行動決定モデルの適用",日本ロボット学会誌,Vol.31,No.3, pp.263-274, 2013

Tutorial/Invited/Book chapter

・阿部香澄, "育児支援ロボットで創る開放的子育てスタイル", 第4回インテリジェントホームロボティクス研究会, May.2016 (招待講演)
・Takayuki Shimotomai, Kasumi Abe, Ayami Yokoyama, Takayuki Nagai, Takashi Omori, Estimation of children's interest dynamics while communicating with robots, Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Sep.2012

International conference

・Masahiro Shiomi, Kasumi Abe, Yachao Pei, Narumitsu Ikeda, and Takayuki Nagai, " "I'm Scared": Little Children Reject Robots", The Fourth International Conference on Human Agent Interaction (HAI '16), IPⅡ-9, Oct.2016
・Masahiro Shiomi, Kasumi Abe, Yachao Pei, Tingyi Zhang, Narumitsu Ikeda, and Takayuki Nagai, "ChiCaRo: Tele-presence Robot for Interacting with Babies and Toddlers", The Fourth International Conference on Human Agent Interaction (HAI '16), IPⅢ-8, Oct.2016
・Kasumi Abe, Yachao Pei, Zhang Tingyi, Chie Hieida Takayuki Nagai, and Masahiro Shiomi, "Telepresence Childcare Robot for Playing with Children from a Remote Location," The 6th JSME/RMD International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM 2015) , 1P1-11, Dec.2015
・Kasumi Abe, Chie Hieida, Muhammad Attamimi, Takayuki Nagai, Takayuki Shimotomai, Takashi Omori, and Natsuki Oka, "Toward Playmate Robots that can Play with Children Considering Personality," The second international conference on Human-agent Interaction (iHAI2014) , pp.165-168, Tsukuba, Oct.2014
・Chie Hieida, Kasumi Abe, Muhammad Attamimi, Takayuki Shimotomai, Takayuki Nagai, and Takashi Omori, " Physical Embodied Communication between Robots and Children: An Approach for Relationship Building by Holding Hands," IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.3291-3298, Chicago, USA, Sep.2014
・Muhammad Attamimi, Kasumi Abe, Akiko Iwasaki, Takayuki Nagai, Takayuki Shimotomai, Takashi Omori," Robots That Can Play with Children: What Makes a Robot Be a Friend," Neural Information Processing, Lecture Notes in Computer Science Volume 8226, pp.377-386, Daegu, Korea, Nov.2013
・Kasumi Abe, Iwasaki Akiko, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Ayami Yokoyama, Takayuki Shimotomai, Hiroyuki Okada, Takashi Omori, "Playmate Robots That Can Act According to Child’s Mental State," IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.4660-4667, Portugal, Oct.2012

国内学会

・塩見 昌裕, 阿部 香澄, 裴 雅超, 張 亭芸, 池田 成満, 長井 隆行, "子育て支援ロボット「ChiCaRo」の開発", 3G2-01, 第34回日本ロボット学会学術講演会, 2016.9
・塩見 昌裕, 阿部 香澄, 裴 雅超, 池田 成満, 長井 隆行, "ロボットを怖がる乳幼児の観察", 1W2-02, 第34回日本ロボット学会学術講演会, 2016.9
・濱田 侑輝, 阿部 香澄, 長井 隆行, "子ども-ロボットインタラクションにおける子どもの振る舞いを用いた性格推定", 1W2-03, 第34回日本ロボット学会学術講演会, 2016.9
・塩見昌裕, 阿部香澄, 裴雅超, 張亭芸, 池田成満, 長井隆行, "テレ保育ロボットChiCaRoと環境センサを利用した保育支援の試み", 信学技報, Vol.115, No.283, CNR2015-14, pp.37-40, 2015.10
・阿部香澄, 裴雅超, 張亭芸, 日永田智絵, 長井隆行, "幼児と祖父母をつなぐテレプレゼンス子育て支援ロボット", 人工知能学会全国大会(第29回), 3J3-OS-23-5, 2015.06
・阿部香澄, 日永田智絵, 鴫原宏明, 長井隆行, 下斗米貴之, 大森隆司, "子どもの性格を考慮して遊ぶロボットの実現に向けた基礎的検討", 人工知能学会全国大会(第28回), 1E4-OS-23a-5, 2014.03
・日永田智絵, 阿部香澄, 長井隆行, "ロボットと子どもの身体的コミュニケーション〜手をつなぐことによる関係性の構築〜", 第76回情報処理学会全国大会, 2S-2, Mar.2014 全国大会学生奨励賞受賞
・鴫原宏明, 藤岡直幹, 安東裕司, 日永田智絵, Muhammad Attamimi, 長井隆行, 岩崎安希子, 下斗米貴之, 大森隆司, "サービスロボットのための遠隔操作システムの開発", 第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会SI2013, 3A4-6, 2013.12
・日永田智絵, アッタミミ ムハンマド, 長井隆行, 下斗米貴之, 大森隆司, "人とロボットのフィジカルコミュニケーション:手をつないで一緒に散歩するロボットの実現", 第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会SI2013, 1J2-2, 2013.12
・岩崎安希子, 下斗米貴之, 鴫原宏明, 藤岡直幹, 安東裕司, 日永田智絵, アッタミミ ムハンマド, 長井隆行, 大森隆司, "生体指標によるロボット‐子供遊び戦略の妥当性の評価", HAI シンポジウム 2013, P4, pp.55-58, Nov.2013
・日永田智絵, 阿部香澄, 長井隆行, 下斗米貴之, 大森隆司, "ロボット‐子ども間の関係構築における手つなぎの影響", HAI シンポジウム 2013, S-3, pp.206-213, 2013.11 HAI-2013 Outstanding Research Award受賞
・下斗米貴之, 岩崎安希子, 阿部香澄, 中村友昭, 長井隆行, 大森隆司, "性格を読み取るロボットシステム", 研究報告知能システム(ICS), 2013-ICS-171, 16, pp.1-3, 2013.03.11
・岩崎安希子, 下斗米貴之, 阿部香澄, 中村友昭, 長井隆行, 大森隆司, "遊びロボットによる子供の性格推定に関する基礎的研究", 2012年度日本認知科学会第29回大会発表論文集, P1-10, pp.224-233, 2012.12.13
・藤岡直幹, 阿部香澄, 中村友昭, 荒木孝弥, 丸山恭平, 長井隆行, "遊び相手ロボット実現のためのヒューマノイドロボット遠隔操作インターフェース", 電気学会計測研究会, IM-12-073, 2012
・Si Chenm, Kasumi Abe, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Hongsheng He, Shuzhi Sam Ge, "Engagement Estimation Using Gaussian Mixture Engagement Models for a Playmate Robot", 日本ロボット学会学術講演会, Sep.2012
・阿部香澄, 岩崎安希子, 横山絢美, 下斗米貴之,中村友昭, 長井隆行, 岡田浩之, 大森隆司, "子供と遊べるロボットとは?:心的状態推定と保育士の行動戦略に基づく行動決定モデルの適用", 日本赤ちゃん学会第12回学術集会要旨集, P-43, p.83, 2012.06
・阿部香澄, 岩崎安希子, 中村友昭, 長井隆行, 横山絢美, 下斗米貴之, 岡田浩之, 大森隆司, "子供の内部状態を推定しながら遊ぶPlaymate Robotの実現", 情報処理学会第74回全国大会,1D-5,2012.03
・岩崎安希子, 阿部香澄, 中村友昭, 長井隆行, 下斗米貴之, 大森隆司, "子供の好む遊びの傾向を推定する遊び相手ロボット実現のための基礎的検討", 電気学会研究会資料, IM-11-052〜060, pp.43-48, 2011.12
・阿部香澄, 岩崎安希子, 中村友昭, 長井隆行, 横山絢美, 下斗米貴之, 岡田浩之, 大森隆司, "子 供と遊ぶロボット:他者の状態推定に基づく行動決定モデルの適用", HAIシンポジウム2011, I-2B-3, 2011.12
・横山絢美, 大森隆司, 阿部香澄, 長井隆行, "他 者の状態推定に基づく対人インタラクションロボットの行動戦略", 2011年度日本認知科学会第28回大会発表論文集, pp.468-471, 2011.09
・阿部香澄, 岩崎安希子, 中村友昭, 長井隆行, 横山絢美, 下斗米貴之, 岡田浩之, 大森隆司, "推定した子供の状態に基づいて行動を選択する遊び相手ロボット" 日本ロボット学会学術講演会, 3N2-3, 2011.09
・横山絢美, 阿部香澄, 長井隆行, 大森隆司, "子 供と遊ぶ:飽きやすい相手の意欲を維持するメタ戦略のモデル化", 人工知能学会全国大会, 2D1-OS5a-1, 2011.06
・阿部香澄, 中村友昭, 長井隆行, 横山絢美, 下斗米貴之, 岡田浩之, 大森隆司, "子供や高齢者と遊ぶロボット実現のための基礎的検討", 電子情報通信学会総合大会,D-12-46, 2011.03
・阿部香澄, 中村友昭, 長井隆行, 横山絢美, 下斗米貴之, 岡田浩之, 大森隆司, "子供や高齢者の遊び相手をする Playmate robot の実現と課題", 電気学会計測研究会, IM-10-081, 2010.12

当サイトの画像の無断使用、転用は固く禁じます。事前にこちらまでご連絡下さい。