TOP

>

研究内容RESEARCH

>

手つなぎロボットHOLDING HAND ROBOT

手つなぎロボット

触覚を用いた身体的なコミュニケーションは、コミュニケーションの中でも最も原始的なものといえます。このコミュニケーションは、心理臨床において絆や親近感を形成する、癒された感覚を与える、安全の感覚を伝えるなどといったポジティブな効果があるといわれています。

この手をつなぐというフィジカルコミュニケーションをロボットに組み込むことで、人—ロボット間の関係性を良好なものにするだけでなく、物でもなく他人でもないロボットの確立を目指すとともに、フィジカルコミュニケーションのポジティブな効果を利用した親しみやすいロボットの実現可能性を検証します。

実際にロボットに手つなぎシステムを構築し、反応が素直な子どもに対してフィジカルコミュニケーション有用であるかの調査を行いました。調査に使用したロボットは電気通信大学長井研究室で開発したロボットであるLiPROで、実際の保育士さんにロボットを遠隔操作してもらい子どもとのコミュニケーションを行ってもらいました。

視線やロボットとの距離、心拍データなどを解析した結果、手つなぎによって安心感を得られていることやその後のコミュニケーションが円滑に行われていることがわかりました。

また、この手つなぎアプリを用いて、Pepperアプリコンテストにも参加しました。

「てをつなごう だいさくせん」を応援しています。
ロボットと人が真の意味で手をつなぎ、皆さんの笑顔につながる未来を目指していきます。

手を繋ごう大作戦 手を繋ごう大作戦

謝辞 実験を実施するに当たり多大なご協力をいただいた柿の実幼稚園の関係者の皆様に心より感謝致します。

Holding Hand Robot

In the area of the HRI, robots that can communicate with children have been extensively investigated.

In particular, it’s difficult to make children be frank if he starts to rebuff the partner. So it is important how robots behave for children at their first meeting. We hypothesize that physical embodied communication, such as walking hand in hand, improves the relationship between robots and children. Because clinical psychology has shown that walking hand in hand has positive effects.

In order to test this hypothesis, we observed the course of the communication between robots and children after walking hand in hand. The kindergarten teacher remotely controlled this humanoid robot. And the experiment was designed to examine one-on-one communication between children and the robot. I asked thirty seven children whose ages are from 5 to 6 years old to play with the robot. I divided the children into an experimental group and a control group. In the experimental group, the robot and the child walked together hand in hand at first. Each child played with the robot for about 30 minutes at children’s kindergarten.

As a result, I found that the children in the control group observed the robot from a distance. On the other hand, the children in the experimental group gazed at the robot even at a close range. Besides, many positive results, which support my hypothesis are obtained. The results of the experiment clearly showed that a good relationship can be built between a robot and a child when the child walks hand in hand with the robot in the early stages of interaction.

I participated in the Pepper App Contest with this holding hands app.

I support "Project:Holding hands".

手を繋ごう大作戦 手を繋ごう大作戦

Acknoeledgment I would like to thank the staff of KAKINOMI kindergarten for their devoted help and support.