ようこそ「知能システム研究室」(長井研)のページへ! (English page is here)
当研究室は、電気通信大学大学院情報理工学研究科知能機械工学専攻の所属です。

様々な知能システムに関する研究を行っています

環境に適応し、学習し、人と自然にコミュニケーションできる知能システムの実現を目指しています。 こうしたシステムが人々の日常生活を助け、より豊かなものにすると考えています。また、人間の柔軟な知能を工学的に実現することで、人間の本質をより深く知りたいと考えています。

More (aboutのページへ)

CREST COLLABORATIONプロジェクト(2015~2020)

COLLABORATIONプロジェクトは、CREST(JST)の研究領域「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築」で採択された研究課題「記号創発ロボティクスによる人間機械コラボレーション基盤創成」で、長井が研究代表を務めます。

More (COLLABORATIONプロジェクトのページへ)

新学術領域 Cognitive Interaction Design(2014~2018)

認知的インタラクションデザイン学(Cognitive Interaction Design:CID)は、文部科学省新学術領域のプロジェクトで、計画研究班(A02班)「子ども=大人インタラクションの認知科学的分析とモデル化」で長井が研究代表者を務めています。

More (CIDプロジェクトのページへ)

チームKara@ge++ (RoboCup@Home プロジェクト)

チームKara@ge++は、当研究室で結成されたRoboCupの@Homeリーグに参加するためのプロジェクトチームです。研究・開発中のロボットDiGOROを用いてRoboCupへの参加だけでなく、展示会でのDemoなど様々な活動を行っています。

More (Kara@ge++/DiGOROのページへ)

ChiCaRo (Child Care Robot プロジェクト)

ChiCaRoは、遠くにいながら本物のおもちゃなどを使って子どもとフィジカルに遊ぶことを目的として開発を進めているテレ保育ロボットです。製品化された場合は、核家族が抱える育児問題解決の一助となり、祖父母と孫の間のホットラインになることが期待できます。

More (ChiCaRo のページへ)

2016.05.04

青木君、日永田さん、大塚君がラジオ番組「J-WAVE HANGOUT」に出演しました。5/11に続きます。
J-WAVE HANGOUT
放送アーカイブ (YouTube)

2016.04.12

研究室の場所を移転しました。新しい場所は、東9号館401号室, 403号室です。

キャンパスマップ(16番の建物)

2016.03.27

ロボカップジャパンオープンでKara@ge++が3位入賞しました。
ロボカップジャパンオープン結果 賞状(ファイナリスト賞)
賞状(第3位)

2016.03.22

ChiCaRoを「Robotics X Future 2016」に出展しました。
Robotics X Future 2016
産経ニュース

2016.01.01

長井研の研究が日経新聞で紹介されました。
日経新聞記事

2015.12.19

長井教授がニコニコ学会β研究100連発に登壇しました。
ニコニコ学会β

2015.12.16

ChiCaRoチームがNEDOのTCP (ピッチコンテスト)で最終発表会で審査員特別賞を受賞しました。
大学の受賞ページ, TCPのページ

2015.11.28

インテリジェントホームロボティクスチャレンジにロボメカ工房と共同で出場しました。2種目で1位、総合準優勝でした。
チャレンジの結果,

2015.11.23

CRESTプロジェクトのキックオフシンポジウム(新鋭「人工知能×ロボティクス」プロジェクトによるシンポジウム)が開催されました。ニコ生で放映され約3万2千人の来場者でした。
ニコ生のシンポジウムページ,

2015.10.31

子育て支援ロボットChiCaRoプロジェクト (代表:阿部香澄) がJSTのSTARTに採択されました。
JST STARTのページ,

All News