JSAI2019 | 2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)

オーガナイズドセッション
「OS-18 感情とAI」開催のお知らせ

JSAI2019 | 2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)(6月4日-6月7日)におきまして,新規オーガナイズドセッション「OS-18 感情とAI」を開催いたします.多くの発表・ご参加をお待ちしております.よろしくお願いいたします.

概要

  • 開催日:2019年6月4日(火)-6月7日(金)会期中
  • 会 場:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター (新潟県新潟市)

内容

 感情は人や生物と人工物を分かつものとして,また知能とは異なるものとして考えられてきた.また,画像認識分野での研究成果を皮切りに深層学習が目覚ましい成果を上げたことで、人工知能が人の知能を超えるのではないかという議論もある.一方で認知科学や神経科学の分野では,感情は知能(いわゆる論理的な情報処理)と背反するものではなく,その一部であるととらえられており,また感情に関わる知能には身体的・社会的な情報を扱うことが重要だと考えられている.そのような考え方の中で,感情を理解できず感情を持たない人工知能が真に知能を獲得し,そして人の知能を超えることがあり得るのだろうか.
 本セッションでは人工知能研究における感情へのアプローチを通して,感情の本質やメカニズムについての議論を行う.特に心理学や神経科学,認知科学など異なる分野における感情に関する知見を人工知能研究に取り込み,近年発展の著しい深層学習や統計的学習理論等を用いた構成的アプローチによる感情研究を促進することで,これまで曖昧なものだと思われていた感情の本質を明らかにしたいと考えている.そして真に人の知能に迫る人工知能研究への発展を目指す.

テーマ例

情動/感情モデル,認識,表出

キーワード

情動/感情,概念獲得,モデル化,Human-Robot/Agent Interaction,機械学習,自由エネルギー原理,予測符号化

招待講演

大平 英樹氏(名古屋大学)

オーガナイザ

  • 日永田 智絵(電気通信大学)
  • 堀井 隆斗(電気通信大学)
  • 長井 隆行(大阪大学)

発表申込方法

2019年度 人工知能学会全国大会 公式サイトからお申し込み下さい.申込の際には, OS-18 をご指定下さい.
なお,希望セッションへの発表件数が多いとき,または発表がセッションの主旨にそぐわないときは,一般セッションにまわっていただく場合がございます.

2019年度 人工知能学会全国大会 公式サイトURL:http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2019/cfp

発表申込および原稿提出期間

2019年1月15日(火)~ 2月8日(金)午後2時厳守

お問い合わせ先

日永田 智絵(電気通信大学) hchie(at)apple.ee.uec.ac.jp